消費税アップで、円安になるという見方

消費税が8%になって、
世の中は少し消費が落ち込んできた感じですが、
FXをやっていく上では、通貨レートの動きを捉えていけばよいのでしょうか?

過去の例では、1989年の消費税制度が始まって
3%となったときには130円が160円まで上がり、

1997年の3%が5%に上がったときも120円が150円となってしまって、
どちらも円安が進んでいっています。

ですから5%が8%なった今も
円安になるという可能性は大きいのです。

今は102円で上下していますが、
あと数年で130円位にになっていくという
見方はあっているかもしれないのです。

でも、もっと深く通貨レートの動きを見ていくと、
今は102円台ですが、アベノミクス効果が出てきたことで、

ここ2年で75円から102円と円安になっているので、
あまり動かないという見方もあてはまるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です