最近はまっているオシレーター系のテクニカル指標

最近はまっているのが、
オシレーター系のテクニカル指標です。

オシレーター系テクニカル指標は、
買われすぎ売られすぎを判断するための
テクニカル分析で主に逆張りに使うようになっています。

逆張りですので、うまく使えば
利益が乗りやすいというのが
このオシレーター系テクニカル指標の利点となっています。

オシレーター系テクニカル指標をFXで使うのは有効です。

大きな買いの流れの中で、
売られすぎのときに買う押し目買いや、
大きな売りの流れの中で、
買われすぎのときに売る戻り売りなどに使うと
特にそのオシレーター系指標の有効性が
高まっていくことになります。

このオシレーター系指標には、
RSIやRCI、そしてストキャスティクスなどがあります。
どれを使ってもいいのですが、
使いやすいものを使用して取引をしていきましょう。

オシレーター系指標は、逆張りなので
利益が乗りやすい反面、だましも多い
テクニカル分析となりますので、

使用する際には大きな流れを意識して、
売られすぎ買われすぎを判断して取引をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です